ラダー・ワンタッチ・レンジ取引


fsd88 バイナリーオプションはFXの一取引形態だと思って間違いありませんが、その種類は3つ存在します。ラダー・ワンタッチ・レンジ、がその3つになっていて、得意なモノやその時の状況に合った物を選ぶ事が出来ます。

ラダーは複数あるレートの中から選んで、それが上がるか下がるかを当てる物、ワンタッチは決められた値段に達するか達しないかを判定する物、レンジは判定時間に決められた値幅に収まっているかどうかを判定する物です。

それなりに上がるか下がるかの予想知識が必要になりますが、細かく取引をしたりはしないので簡単で時間を取られる物ではありません。ダメだと思ったらやらなければいいだけの話で、イケるポイントならドンドン稼いでしまう事が出来ます。初心者にも人気なのはやはりラダーで、そこまで知識と言うのも必要なく、面倒を大きく削っているので楽なんですよね。

しかしバイナリーオプションの良い所はそこではありません。バイナリーでは判定と言う形で、いわゆる決済が行われるために、自分でポジションを手じまう必要が無いのが最大のメリットになります。

利確、損切りと言われる物ですが、FXで何か通貨を買って利益が出てきました。でもそれを決済しなければ本当に利益にはなりません。その段階では含み益であってプラス利益では無いです。今は含み益が乗っているけれど、30分後には損益になってしまっていた、なんていうのはよくある話です。私自身もXEマーケットで何度も同じ間違いをしていたことが懐かしいです。

利益を確定させるのは、かなりFXに慣れている人でも難しい事に加え、ポジションを持つ時はしっかりチャートを見たりしなければならない&決済する時も見なければならない、と入り口と出口で二回時間を取られます。しかも終わりのようなモノは無いですから、いつ決済するのが一番良いかは誰にも分かりません。この入り口と出口で二回取られる時間を、バイナリーオプションでは入り口の一回だけにする事が出来ます。決済は時間がくれば判定と言う形で勝手にやってくれるので、ちょっと時間が出来た時に結果だけを確認すれば良いんです。

それでは向こうに勝手に判断されてしまう、と考える人もいるでしょうが、では最適な決済を狙えるのか?となれば当然疑問にもなります。やる事が半分になっているので、積み上がる時は積み上がるし、にも拘らず時間は半分で済む、と言う特徴があるのがバイナリ—オプションです。勿論お金を使うモノですからゲームセンターのようにとも行きませんが、勉強するためにやってみると言う人も結構多いんですよね。最低資金で出来るのも大負けしないための重要な要素になっています。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


関連インフォ
 お得インフォ

お得リンク
 安全性について

サイトナビゲーション
 注意事項
 担当者