バイナリーオプションとは


 バイナリーオプションは投資取引を行う金融商品の一つになりますが、その取引のルールがシンプルで理解しやすいことや、これまでの投資と違って少ない資金でも取引が行えること、また、スマートフォンなどを利用することができ何時でもどこでも投資ができることなどから、投資取引にこれまで触れたことがなかったという初心者の投資家を中心に、多くの投資家から指示を受けている、新しタイプの投資になります。

バイナリーオプションは、「相場のレート変動が、一定期間ののちに、あらかじめ決められた条件を達成できるかどうか」という基本のルールに則った様々な取引ルールが存在していますが、そのどれもがわかりやすく、面倒な注文を繰り返したりする必要のないものになっています。

もっともよく利用されている取引ルールは通貨を銘柄にした「ハイ&ローオプション」という取引ルールで「現在の1ドル100円の為替相場のレートが、2時間ののちに、1ドル110円よりも高くなっているか、低くなっているか」の二者択一の選択をするもので、このどちらかになるのかを予測して、投資を行うことになります。

投資は、多くの場合にはチケットというものを購入する形がとられており、1枚一口でこれを購入することによって投資が行われます。
チケットの価格は様々で、数百円から千円程度となっており、もちろん1枚からでも投資は行えるので、わずか数百円の少ない資金であってもバイナリーオプションの取引きは行えるのです。

判定時間が満期になると、投資の結果が出ます。この結果で予測が当たっていれば、購入したチケットの代金にあらかじめ決められている配当金を上乗せしたものが、購入した枚数ごとに利益として払い出され、外れた場合にはチケットが無効になるために、投資した資金が失われて損失になります。

この配当金には、定額制とペイアウト倍率制があり、定額制の場合には取引きの難易度によってチケット代金が調整され、難易度が高い場合にはチケット代が安くなり、難易度型低い場合にはチケット代が高くなります。
これに対し、ペイアウト倍率制では難易度が高くなれば倍率も高くなって払い出しが大きくなり、難易度が低い場合には倍率が低くなって払い出しが少なくなります。

このように、バイナリーオプションは相場のレート変動を利用した投資取引ですが、FX取引などのように、相場のレートの変動の大きさで利益や損失が決まるのではなく、そのレートが条件を達成するかしないかで取引きの成功と失敗を判断するために、投資取引の初心者でも、大まかな相場の予測で取引きを行うことができ、相場の仕組みなどを勉強するためにはとても有効な手段だといえるのです。

また、投資を行う際に自分の得られる利益と損失の大きさがあらかじめわかるために、投資資金の管理がしやすく、じっくりと時間を使って取引が行えるというのもバイナリーオプションの特徴といえ、こうしたことからも、バイナリーオプションは多くの投資取引の初心者から支持を受けているのです。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


関連インフォ
 お得インフォ

お得リンク
 安全性について

サイトナビゲーション
 注意事項
 担当者