ハイローオーストラリアの安全性


fdfsu8 これだけ大きな収益を上げる可能性があるにもかかわらず危険がないのか、バイナリーオプションの税金についてなど、不安になるかもしれません。確かに、国内業者への規制は多くなっています。金融庁は2013年11月からの規制を期に、国内トレーダーの多くは海外業者に流出しました。海外業者への注目度は上がっていますが、その安全性、特に資産の保全や資産の流用は心配に思う人が多いのも事実です。投資した資金がきちんと管理され実際に受け取ることができるのかということはトレーダーにとっては死活問題だから当然です。

その点、ハイローオーストラリアはオーストラリアの金融庁に当たるオーストラリア証券投資委員会の認可を受けています。実は、バイナリーオプションを扱う業者は金融当局の認可を受ける必要がないにもかかわらず、ハイローオーストラリアはあえて信頼のために審査を受けて認可を受けているのです。

資産保全に関しても損害賠償保険を扱うロイズ保険組合に加入しているためトレーダーの資産は保全されるのです。ロイズ保険組合は企業保険の世界的な組合でロンドンに拠点がある有名な業者です。このようにハイローオーストラリアはトレーダーの信頼のために2重3重の手を打っているので、安心して取引を行うことができるのです。

ハイローオーストラリアが認可を受けているという話が出ましたが、バイナリーオプションを扱う海外業者というのは基本的に認可や許可の類は受けていません。日本に拠点がある業者であれば、認可を受けていない悪質な業者があれば違法なものとして処分されます。しかし、海外業者には日本の金融庁に許可を求める義務はありません。そのため認可を受けている海外業者というものもほとんどないのです。

これはバイナリーオプションそのものをどのように捉えるかで変わってくるようです。バイナリーオプションの取引自体がHIGH/LOWを予想して資金を投入する形を取っていることによります。資金を予想してベットするオンラインカジノだと考えているところが多く、金融当局の規制をしていないことがおおいのです。海外業者の中には、はじめからオンラインカジノの一種としてバイナリーオプションを取り扱う業者もあるのです。このようにバイナリーオプションそのものに対する見方によって規制する監督官庁が異なることがあるのです。

日本ではバイナリーオプションも投資の一環としてとらえられているので、業者への警告は金融庁が行います。24オプションやスマートオプションなどへの警告が代表例ですが、これらの警告を受けた海外業者は現在も変わらず運営を続けています。日本の金融庁では海外業者への規制というものが法的にも難しい現状から、規制に関して徹底することができないのです。

先ほどハイローオーストラリアがオーストラリアの金融当局に認可を受けているという話をしました。ハイローオーストラリアの場合には、バイナリーオプションをオンラインカジノではなく投資のための金融商品として見ているのです。つまり、日本の金融当局の要請にも応じることができるように現地の認可を得ている数少ない業者なのです。それだけでなく業者として損害賠償保険にも加入しており、資産の管理も投資業者としての信頼に足る努力をしています。

これだけの危機管理をしている業者は少なく、他の業者に対して安全性や信用度と言ったものは非常に高いということができます。実際にトレードや出金であっても条件をきちんと満たした状態であれば出金が可能ですし、出金が拒否される場合は手続きの不備があるときです。そのような取引への不安も適正な手続きを踏めば確実です。

もし、それでも業者への不安がぬぐえない場合には海外口座のネッテラーを開設しておけば、簡単に出入金ができるようになります。ネッテラーは電子マネー決済サービスで、各種のネット上の取引を扱う際には便利な口座なので資金の仮置き場としても便利です。リスク管理を十分にしているハイローオーストラリアを利用する際には、資金を流用するような不正行為は起こらないと信頼できる業者ですが、自分でも口座を開設してリスク管理をしておけばなおさら安心して取引ができるようになります。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


関連インフォ
 お得インフォ

お得リンク
 安全性について

サイトナビゲーション
 注意事項
 担当者