ハイローオーストラリアで勝利するための方法とは?


698788 ハイローオーストラリアはペイアウト率が高いことで有名なのに勝てない人がなぜいるのか

バイナリーオプションは近年流行っている短期取引です。非常に短い時間で利益を上げられるということもあり、取引をしている人も増えてきています。ハイローオーストラリアは、その中でも人気のバイナリーオプションと言えます。その人気の秘密は「ペイアウト率」です。固定で2倍というのに加え、オンデマンド取引を取り入れているため、タイムリーな取引に対応しており、時間のない現代人に人気です。そうしたシステムを取り入れていても、利益が上がらないということはあります。それはなぜか。「レンジ外」というキーワードがその秘密を握っています。

ハイロー取引というのは、一定時間で現在の相場よりも上か下かを予測するものなのですが、スプレッドハイローには「上下的中でも、その範囲(レンジ)に入っていなければ勝ちにならない」というルールがあります。そのため、上下を的中させても結果的に業者が持って行ってしまいます。それではレンジを考えたうえで取引を考えていくにはどうしたらよいのでしょうか。それは上記に挙げた「固定2倍」のペイアウト率が大事です。


・相場理解をし、ハイローオーストラリアで勝つための戦略
ハイローオーストラリアは上下を的中してもレンジの問題があるので、勝つことはなかなか難しいのですが、この特性を活かして利益を上げるには、まず相場を理解することが何よりも重要になります。レンジ内に入っていれば結果的に勝てますから、相手側に定められたルールがあるならそれをこちら側に引き入れるぐらいの気持ちを持ち、研究をして特徴を捉えて戦略を練っていくことが大切になります。すると意外なほど攻略できたりするものです。

まず、抑えておいていただきたいのは、外国為替市場には「レンジ相場」「トレンド相場」があることを覚えておくことが重要です。「レンジ相場」とは一定範囲の中での値動きが固定されており、激しい値動きはしないかわりに広い視野で全体を見た場合、細かく上下運動をしているような動きをしている相場を「レンジ相場」と言います。その逆に、小さい値動きはありますが、大きな動きをして一方向に流れる相場のことを「トレンド相場」と言います。

「レンジ相場」は値動きが小さいので、大きな幅で動くことはありません。なのでいくら予想をしてもレンジ外に収まる可能性が高いので、値動きの小さいレンジ幅ではハイローオーストラリアで勝てないということになってしまいます。しかし、値動きの幅が大きい「トレンド相場」なら勝てる可能性も出てきます。

「トレンド相場」になりやすい時期はどのような時なのでしょうか。外国為替市場は世界中に存在し、時差もあります。ですから世界中では24時間、相場が動いているということになります。そこに注目してください。ロンドン、ニューヨーク、東京が世界中でも大きな証券取引所がある場所になります。ロンドンとニューヨークは時差があまりないので取引時間に差はあまりないのですが、取引時間に差がないということは取引をする人も増え、取引量も増加します。すると相場の動きは大きくなり「トレンド相場」方向へ向いていくということになります。


・3つの方法で「相場に勝つ」

1.トレンド相場のみに集中する
ハイローオーストラリアで「レンジ相場」で勝つことは難しいので、トレンド相場にターゲットを絞っていきましょう。取引時間が重なっているということは上記にも挙げたとおり、値動きが大きくなってトレンド相場になりやすいという側面があるものの、必ずしもそうでない時であっても、相場の流れが一方向に向かって行っていると感じたときには積極的に取引を行っていきましょう。

2.ラストミニッツは避ける
チケット購入の期限ギリギリで取引に参戦することを「ラストミニッツ」と言います。しかしこの戦略は極めて限定的であり、大きな変化を抑え、相場を見たい場合に使う戦略なので、レンジシステムがある取引では不利になります。

3.途中決済
ハイローオーストラリアは「途中決済」を行うことができます。結果を最後まで待たずに途中で終了させ、決済させる方法です。配当金は減りますが確実に勝ちを狙うならこの方法がよいでしょう。リスク分散にもなりますし、何より安定性を求める方におすすめです。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


関連インフォ
 お得インフォ

お得リンク
 安全性について

サイトナビゲーション
 注意事項
 担当者